忍者ブログ
遅れた夢を追いかけるブログ。
2017/06
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワインボトルの間から
少しだけ覗く君の顔
ほんの数秒見ただけで
この想いが始まる気がした

「誕生日が嫌い」
「記念日なんてなくていい」
何が嫌な事があったことは何となく分かった

「あんなやつ嫌い」
「もう一生恋愛なんてしない」
その言葉を聞くだけで胸が苦しくなった

僕が何かをしてやれないかな
初めて会った男に何が出来るのだろう
自分の中で葛藤するも
声をかける術も知らない

ワインボトルの間から
少しだけ覗く君の顔
涙が光る横顔も
綺麗とすら思ってしまうんだ

肝心なところで
邪魔が入ることは一生に何度かある
かといって怒る事もしないけど

「ほら顔を上げて」
「君に涙なんて似合わないよ」
お決まりのベタでキザな台詞

付け入る害虫が寄って来た
あいつの目的なんて誰が見たって一目瞭然
顔に出過ぎているのに
イケメンで腹が立つ

ワインボトルの間から
少しだけ覗く君の顔
会話の内容が気になって
全く仕事が手につかない

それでも

僕が何かをしてやれないかな
初めて会った男に何が出来るのだろう
心の中で葛藤するも
殴り掛かる術も知らない


もう少し鍛えておけば良かったな
共学の大学に入っていれば良かったな
人見知りは治しておけば良かったな
こんなときの対処法を学んでおくべきだったな

ワインボトルの間から
少しだけ覗く君の顔
やっぱり惚れて良かった
君はあんなやつには靡かない

水をかけられた男は
一気にちっちゃくなって
プライドが傷ついたのか真っ赤になって
店を後にした


ワインボトルの間から
少しだけ様子を伺うと
涙よりも素敵な笑顔で
ひらひらと手を振っていた

ワインボトルの間から
少しだけ覗く君の顔
ほんの数秒見ただけで
この想いが膨れ上がった

拍手

PR




泥の中にいるようだ
疲れているのに眠れやしない
このままここで死んだって
誰も助けに来やしない

日が落ちると心も落ちる
誰といても楽しくない
こんなことを言ってるようじゃ
世界中歩いたってホームはない


十二分に嫌われたなら
この世界ともオサラバ出来る
でも思い出してしまうんだ
頭の中に残っているんだ
生きたい
生きたい
そう叫んでる
もう一人の俺もずいぶん臆病だな


戯言と思われるだろう
言い訳にも聞こえるだろう
死にきれなかったらバッサリ
笑われ者に成行くんだろう


だったらこんなこと考えるだけ無駄だな
臆病者は極端に
笑われるのを嫌うもんだ
晒し者だけはごめんなんだ
生きたい
生きたい
そう叫んでる
裏腹な感情は戦うこともしないな


夜が明ければ
なんて事ない一日が始まる

明日があるかはわからないが
とりあえず生きてみるのも悪くない
明日を欲しがる人間だって
この世界には五万といる

拍手

b37d6b54.jpeg







































日向ぼっこする猫みたいだ
太陽に向かって目を閉じて
身体をいっぱいに伸ばしている

美しい栗色の毛がキラキラと輝き
ふわふわと風にそよぐ様を見ると
普段感じない幸せが
じわじわと全身に染み入ってくるんだ

分け合おう この幸せを
どこにでも持って行こう
通りすがりの誰かにも
香りのように感じる幸せのおすそわけを
分け合おう 


どこに転がっているかわからないものを
下を向いて不安げに探すよりも
今目の前にあるささやかなものを
愛おしく感じれば そう
世の中は少しだけ明るくなるよ


分け合おう この幸せを
どこにでも持って行こう
振りまいても減りはしないさ
感じ方はその人次第のおすそわけ
分け合おう

拍手






現実が迫り来るスペクタクルな毎日
言う程見せ場はないよ
壮大かどうかは見る人次第

疲れた体を癒すのは平穏な毎日
当たり前の明日が来る事
現状維持が一番じゃないのさ


今日も日常に感謝
朝日に感謝
水で顔が洗える事
空気を吸えてる事
苦いコーヒーが飲める事
これで十分じゃないのよ


高飛車な行動はしないよ社会人だし
集団の中にいることも慣れた
リーダーは一人で十分ナンデス


今日も日常に感謝
夕日に感謝
かわいい君に合える事
地球が滅びない事
こうして笑っていられる事
それで十分じゃないのよ


何が不満だっての
五体満足じゃん
世の中に不満を持つ前に
自分の幸せを見つめてみたら


今日も日常に感謝
毎日に感謝
空気を吸えてる事
自由に動き回れる事
こうして生きていられる事
それで十分じゃないのよ



今日も日常に感謝

拍手





うまく笑えないな
君以上が見つからなくて
時間が感じさせてくれるのは
重くなった身体だけ


掛け違えたボタンを外す術はなかった
すれ違いのサインを見逃してしまった

間違いなく僕に原因があると思った
否応なくただただ立ち尽くすしかなかった

季節は変わっていくのに
僕はまだボタンを掛け違えたままの服を羽織っている


うまく笑えないな
君以上が見つからなくて
時間が感じさせてくれるのは
重くなった心だけ


あの時に巻き戻れたらなんて考える
ボタンは間違えないように全部色を変えるよ


薄着の季節を迎えるのに
僕はまだボタンを掛け違えたままの服を羽織っている


うまく走れないな
君を想えば想う程
暑くなっても脱げないのは
まぎれもない未練だろう


うまく笑えないな
君以上が見つからなくて
時間が感じさせてくれるのは
重くなった身体だけ


どれだけ季節が巡っても
僕はまだボタンを掛け違えたままの服を脱げないでいる

拍手

プロフィール
HN:
miyu
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1983/07/09
趣味:
カフェ巡り
自己紹介:
東京在住の29歳。

普段はカフェ店員。
普段はカフェ巡りブログがメイン。
でもたまにこっちのブログで言の葉を綴っています。
このブログが、カフェ巡りブログとともに、いつか本になればいいなぁと思う今日この頃。

最新コメント
[01/10 zztjudcdml]
[01/10 ijbulqtocx]
[01/07 zzhaldwprw]
[01/06 ofeerxsdcd]
最新記事
(09/09)
(09/09)
(06/21)
(06/21)
(06/09)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]